« デンマークの教育システム | トップページ | 馬越亨氏 旭日双光章受章祝賀会 »

2011年2月18日 (金)

民主党A・民主党B

 最近の新聞には、菅総理退陣とか解散総選挙という言葉が躍り始めました。

 いよいよ私達の国会戦略も出口が見えはじめたようです。

 その矢先、小沢一郎元代表に近い16名の民主党衆議院議員が会派離脱届を出し、新会派の結成をめざす行動にでました。

 残念ながら16名誰一人私は存じあげておらず、その意図もあまり健全なものとは思われません。

 特に岡田民主党幹事長の同意は受けられないでしょうから、この離脱届自体が宙に浮いてしまうことはわかっているはずです。

 それにしても、小沢元代表が相変わらず主張しているマニフェスト見直し反対、消費税増税反対をオオムのように繰り返す16名の皆さんには、政権与党として財政運営への責任と自覚があるのでしょうか。

 単なる権力闘争ごっこのようなパフォーマンスにしか見えないというのが、国民の皆さんの受け止め方ではないかと思います。

 原口前総務相が「民主党A」「民主党B」との民主党分党論を展開されているようですが、鳩山前総理といい、一体民主党はどこへ行ってしまうのでしょうか。

 他人事ながらちょっと心配しています。

|

« デンマークの教育システム | トップページ | 馬越亨氏 旭日双光章受章祝賀会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デンマークの教育システム | トップページ | 馬越亨氏 旭日双光章受章祝賀会 »