« 3連休 | トップページ | デンマークの教育システム »

2011年2月16日 (水)

鳩山前総理のノー天気発言

 鳩山前総理の相変わらずのノー天気な発言には驚かされます。

「米軍普天間飛行場の県外移設断念の理由として挙げた米海兵隊の抑止力は方便だった」

 あの言論統制につながる防衛省通達を出した北沢防衛大臣ですら

「人生長く生きているといろいろなことがあるが、私の人生の中でも1・2を争う衝撃的なことだった」

と答弁する始末です。

 この政権は一体どうなっているのでしょう。

 また町村衆議院議員は本日の予算委員会集中審議において、普天間関連予算に断固反対する社民党を民主党が抱き込もうとするため、この予算の執行を停止するという戦略にあきれ果てつつ、安全保障に対する菅総理の覚悟を問い質しました。

 その答弁たるや全く日本の総理に値しない「何やらかんやらわからない」ものでした。

 こんな総理や民主政権の状況に、沖縄の人々やアメリカだけでなく多くの国民が怒りをとおり越してただあきれているばかりです。

 これでは 国がもたない!

|

« 3連休 | トップページ | デンマークの教育システム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3連休 | トップページ | デンマークの教育システム »