« 愛媛県自衛隊入隊・入校激励会 | トップページ | 英国王のスピーチ »

2011年3月 7日 (月)

責任の取り方

 予想どおり 前原外務大臣が辞任しました。

「次期総理レース、出馬取り消し」などというコメントが流れ、前原氏側近からは、この問題を長く引きずれば前原氏の復権もおぼつかなくなるから、早めに辞任した方が良いとの意見具申もあったとの報道です。

 「何故 前原外務大臣は辞任せざるをえなかったのか」

 外務大臣が外国人からの違法献金を受け取ったという事実は、金額の多寡にかかわらず、もちろん個人的な理由を考慮することもなく、国の根幹に関わる重大な事件であるが故に、その責任の所在を明確にしなければならないという極めて重いことです。

 外交全般を預かる重要な職責にある者の最低限の規範すら認識されていなかったのか、あるいは大したことではないと思われていたのか知りませんが、常識的には考えられないことです。

 鳩山さんがルーピーと呼ばれるような外交政策を提唱し、菅さんが日中首脳会談で伏目がちにペーパーを読んだり、国益を考えていないが如き発言をすることがどれ程国益を損うことか。

 外交日程がぎっしりとつまり、参議院予算委員会二日目直前に外相が辞任するという民主党政権には もはや存立意義すらないといっても過言ではありません。

 さてさて、あの厚労大臣はどうされるのでしょうか。

 菅内閣には、あるいは民主党政権には、陳謝という言葉はあっても、責任を取るという言葉はないのでしょうか。今回の事案においての菅総理の責任は極めて重大です。

 

|

« 愛媛県自衛隊入隊・入校激励会 | トップページ | 英国王のスピーチ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
ブログはよく拝見いたしております。
国会もいよいよ佳境ですね。管政権の無策ぶり、国民生活を考えての予算関連法案の取り扱いなど、難しい局面で大変だと思いますが、がんばってください。sun

投稿: 竹内正人(15) | 2011年3月 8日 (火) 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛媛県自衛隊入隊・入校激励会 | トップページ | 英国王のスピーチ »