« 今治自然塾 開塾イベント | トップページ | 自民党緊急災害対策本部事務局ニュースNo.18 »

2011年4月18日 (月)

予算委員会 集中審議

 本日午前10時から参議院予算委員会集中審議が行われています。

 我が党からは、脇国対委員長に加え被災地代表として福島県の岩城・宮城県の愛知両氏が質問に立ちました。

 脇委員長からは、政府の原発事故に対する政府の初動の遅さやその問題点の追究が厳しく指摘され、改めて菅総理の危機管理能力とリーダーシップの欠如があらわになりました。

 岩城・愛知両氏からは、原発事故による放射能汚染に関し、避難指示の混乱や風評被害、また救援物資やガソリン等の遅配、仮設住宅の対応の遅れ、さらに被災後20を越える新たな組織の乱立による指揮系統の混乱などについて厳しい追究がありました。

 脇委員長が冒頭述べたとおり、我々自民党は野党ではあるものの、復旧・復興対策については、全力をあげて協力することは当然であると思っています。

 しかし、今のような国難の時、国の指導者がそのリーダーシップを発揮することなく、その場しのぎの弁解ばかりに終始するが如き答弁を繰り返し、自らの責任のがれのために事実を歪曲することに奔走する姿は誠に見苦しく、東日本の復興に悪影響を及ぼすとしか言いようがありません。

 今後も災害対策を中心とした国会での議論は重ねられるでしょうが、協力すべきところは協力し、指摘すべきところは厳しく指摘することも併せて行っていくべきと改めて再認識したところです。

 それにしても、あの頼りなさげな菅総理の存在は、日本の未来にとって悲しすぎる程 足かせになるような気がしてなりません。

|

« 今治自然塾 開塾イベント | トップページ | 自民党緊急災害対策本部事務局ニュースNo.18 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今治自然塾 開塾イベント | トップページ | 自民党緊急災害対策本部事務局ニュースNo.18 »