« 公益社団法人愛媛県浄化槽協会 第1回通常総会・法人設立40周年記念式典 | トップページ | 平成23年度 自由民主党今治支部総会 »

2011年6月 3日 (金)

究極の延命策

 152 × 293

 自民・公明・たち日 共同提案の内閣不信任決議案は、民主党の茶番劇によりあっさりと否決されました。

 昨日午前中には、「恐らく可決は無理だろう」から「もしかしたら可決されるかもしれない」「雪崩現象が起きているのではないか」というふうに急激な変化が認められていました。

 しかし、あの「議員をやめるのをやめた」鳩山前総理のいつもながらの発言により、菅総理が辞意表明したかの如き民主党代議士会の雰囲気が急激な変化を止めることになりました。

「東日本大震災の復旧・復興と福島第一原発の対応に一定のめどがついた段階で退陣する」

 一体 一定のめどとは何なのか。

 復興が遅れれば遅れる程、菅政権は死に体のまま延命されることになっていくのでしょう。

 民主党を守るという美談の裏に潜むしたたかな策略なのでしょうか。

 我々は、菅政権では復興も事故処理もできないという強い意志を持って不信任案を共同提出し、民主党議員の多数もそれに賛同していたはずですが・・・。

 民主党代議士会における無茶苦茶な議論のすりかえにより、事の本質を見間違える結果を惹起したことになります。

 いま笑っているのは菅総理その人です。

 そしていずれ近い将来、再び「辞める、辞めない」で民主党内の大混乱が起きてくるでしょう。

 我々野党はそのような民主党内の亀裂とは別次元で、初志貫徹の強い気持ちをもって、一刻も早い復旧・復興と、原発事故収束のために、政権のあるべき姿を求めて 対決姿勢を明確にしていかなければなりません。

 いよいよ これからは参議院が決戦場です。

 本日も午後参議院予算委員会の集中審議が粛々と行われます。

|

« 公益社団法人愛媛県浄化槽協会 第1回通常総会・法人設立40周年記念式典 | トップページ | 平成23年度 自由民主党今治支部総会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公益社団法人愛媛県浄化槽協会 第1回通常総会・法人設立40周年記念式典 | トップページ | 平成23年度 自由民主党今治支部総会 »