« 福島第一原発事故の今後 | トップページ | 「手柄は自分で、汗は他人が」 »

2011年6月28日 (火)

不可解な人事

 菅内閣の改造なのか、閣僚入れ替えなのかよく分かりません

が、昨日内閣の新しい陣容が発表されました。

 

・松本復興担当相の力量は如何なるものか

・細野原発事故担当相と海江田大臣との住み分けはどうなってい

るのか

・江田法相がガレキ処理や放射能汚染対策をも担当する環境大臣を兼務することの妥当性は如何か

・蓮舫大臣は何故退任させられたのか

・亀井氏が就任する特別補佐官の特別って何?

   

 野党である私が政府の人事にあれこれ申し上げる立場でもない

とは思いますが、よく分からない人事です。

 

 極め付けは、亀井氏や元参議院議員重鎮が暗躍した結果であ

ろう 浜田和幸参議院(自民党)の大臣政務官就任です。

 

 今後 震災復興対策に協力していこうとする与野党間の関係を、

一本釣りという形でわざわざ悪化させようとする理由は何か。

 

 各法案をスムーズに通過させないことによる菅総理の究極の延

命策と言われても仕方ありません。

 

 それにしても釣る方も釣る方ですが、釣られる方も釣られる方で

す。

 

 自由民主党公認候補として昨夏当選したばかりで、自民党参議

院国対に所属していた浜田氏が、突然離党して震災復興の仕事

がしたいと言いつつ、総務大臣政務官とは・・・。

 

 大変残念であるという思いと同時に、政党人としての責任ある行

動を取れる人ではなかったのか、単に目立ちたかっただけなの

か、目先のポストのみに左右される人物だったのか、それとも他に

何らかのメリットがあったのか。

   

 どのような中傷も甘受しなければならない程 その罪は大きいも

のだと思います。

 

 加えて彼を支援してきた鳥取県の有権者や今まで支えてきた先

輩・同僚議員に後ろ足で砂をかける行為の重大さをあまりお分か

りになっていない個人中心主義の人だったのだろうと理解しずらく

も納得しています。

   

 最近このような人物が多くなったのかなあ。

 

 それにしても菅直人という人物の生き様がますます不可解・不透

明・不健全・不誠実に思えてなりません。

 

 彼は延命策以外に、この国難をどのように乗り込え、被災者の

皆さんの痛みを共有しようとする覚悟をお持ちなのか、見えませ

ん。

|

« 福島第一原発事故の今後 | トップページ | 「手柄は自分で、汗は他人が」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福島第一原発事故の今後 | トップページ | 「手柄は自分で、汗は他人が」 »