« ウォーキング | トップページ | 第二次補正予算案 審議スタート »

2011年7月14日 (木)

民主党議員の目線や何処に

 昨夜 遅く 佐藤正久・森まさ子両議員から電話があり、議員立

法である「仮払い法案」の修正協議が整わなかったとの報告があ

りました。

 

 今朝8時半から9回目の最終協議を行うも合意に至らず、今夕

の震災復興特別委員会及び明日の本会議において原案の採決を

することになりました。

 

 果たして民主党所属議員の皆さんの目はどちらを向いているの

でしょうか。

 

 社民党まで賛成に回ってくれるこの法案は、原子力発電事故に

際し、その賠償金が一刻も早く被災者の皆さんに届くよう国が仮払

することを目的としています。

 

 少しでも出費をおさえたい財務省の意向が民主党の主張に強く

反映されている結果、このような被災者無視の決定につながって

いるのでしょう。

 

 政治主導が聞いてあきれます。

 

 被災地選出の地元議員の皆さんがどのような投票行動に出るの

か、注目されます。

 

 それにしても情けない。

 

 この法案は明日ギリギリ賛成多数で参議院を通過し、衆議院に

送付される予定ですが、衆議院で審議中の原賠法案と一緒にど

のような結果を迎えるのか 見守っていくことになります。

 

 昨夕の菅総理の脱原発宣言と同様、民主党内には地道な被災

者支援よりも、国民受けを狙うポピュリズム政治・パフォーマンス

政治が横行しているのでしょう。

|

« ウォーキング | トップページ | 第二次補正予算案 審議スタート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウォーキング | トップページ | 第二次補正予算案 審議スタート »