« 瀬戸内海クルージングのおすすめ | トップページ | 「劇団ひとりか、内閣ひとりか」 »

2011年7月 6日 (水)

政府もメルト・ダウン

 今日(7月6日)は朝から衆議院予算委員会集中審議が行われ

ています。

   

 自民党を除名になった浜田政務官一本釣り問題に続き、今度は

松本復興担当大臣の放言・辞任問題。

 

 挙げ句のはてに、菅総理の任命責任について野党どころか民主

党幹部から非難の嵐。

 

 この政府は一体どうなっているのでしょうか。まるでメルト・ダウン

の状態です。

 

 もはや菅総理追究もいやになってしまいます。

 

 予算委員会においても石原幹事長はじめ我が党議員の厳しい

質問に対して おざなりな答弁が続いています。

 

 特に佐賀県の玄海原発再稼働問題について塩崎議員から的確

な質問がなされましたが、海江田大臣は先般佐賀県へ出向き安

全宣言をしたかと思えば、今回は新たな安全性評価をすると答弁

するはめに・・・。

 

 浜岡原発を停止させ、自然再生エネルギー法案成立に執念を燃

やす菅総理は、海江田安全宣言に関して「知らなかった」と無責任

答弁を繰り返し、電力需給バランス遍迫の折、定期点検中の原発

再稼働については何も語らず、自らの正当性の確保に窮々として

います。

 

 このような政権にいつまでも日本の舵取りや東日本復興をまか

すことはもうできません。

 

 一刻もはやく、菅民主党は政権の座から去っていかなければな

りません。

 

 我が自民党は今日までにまとめた緊急提言の実現、そして現在

無能な民主党政権にかわって提出している議員立法による法案

(ガレキ処理・二重ローン対策・仮払い法案等々)を成立させるた

め全力をあげて取り組んでいるところです。

|

« 瀬戸内海クルージングのおすすめ | トップページ | 「劇団ひとりか、内閣ひとりか」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬戸内海クルージングのおすすめ | トップページ | 「劇団ひとりか、内閣ひとりか」 »