« 第二次補正予算案 審議スタート | トップページ | 不可解な民主党菅政権① »

2011年7月19日 (火)

なでしこジャパン おめでとう

 なでしこジャパンがサッカー女子ワールドカップで優勝しました。

  

 その素晴らしい奮闘ぶりに心からの拍手を送りたいと思います。

  

 長身のアメリカチームの厳しい攻めをものともせず、正確なパス

まわしを武器として数少ないチャンスをいかしたなでしこのメンバ

は、先制点を許し、追加点を許しても決して諦めることなく勝利

を掴み取りましたsoccershine

  

 その逞しい女子力に只々脱帽するのみです。

  

 ある人曰く、「これからは男子は家で炊事・洗濯に専念し、日本

の将来は女子におまかせしよう!」

  

 いやはや我々男子も女子に負けることなく しっかりと頑張って

いきましょう。

  

 ところで、本日午前中開会された衆議院予算委員会において、

菅総理はなでしこジャパンの優勝に関連し、「私もやるべきことが

ある限りは、諦めないで頑張らなければならないと感じた」と述べ

られました。

  

 なでしこジャパンと菅総理の違い。

  

 なでしこジャパンは沢選手のリーダーシップのもと、全員が一致

団結し様々の苦難を乗り越え、決して諦めずに頑張ったのです。

  

 菅総理は、内閣どころか民主党内においてもリーダーシップを発

揮することなく、殆ど信頼し合う仲間もなく一人ぽっちで決して諦め

ることなく政権にしがみついている状態です。

  

 菅総理の口から、なでしこジャパンの「決して諦めない」というメッ

セージを自分自身の政権担当意欲に重ねあわす言葉を聞きたくは

ないものです。

  

 それにしてもワールドカップで初優勝を遂げたなでしこジャパンに

乾杯sign01

|

« 第二次補正予算案 審議スタート | トップページ | 不可解な民主党菅政権① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第二次補正予算案 審議スタート | トップページ | 不可解な民主党菅政権① »