« 政府もメルト・ダウン | トップページ | 伊方原発 視察 »

2011年7月 7日 (木)

「劇団ひとりか、内閣ひとりか」

 今日(7月7日)は参議院において予算委員会集中審議が行わ

れています。

  

 我が党からは 礒崎陽輔・片山さつき・金子原二郎・佐藤ゆかり

の各氏が鋭い質問を展開しました。

  

 それにしても 出るわ、出るわ。

   

・玄海原発再稼働に関して菅総理の原発政策に不満をもつ海江

田経産相が、松本復興相に続いて辞意表明

  

・外国人からの献金疑惑に関する返金についての虚偽答弁?

  

・菅総理関係政治団体から拉致容疑者関係者がからむ不可解な

政治団体へ巨額の政治献金

  

 各議員への質問に対する総理の目はうつろ。その答弁は質問に

まともに答えない はぐらかし答弁。

  

 もはやこの内閣に何を質問しても残念ながらまともに返ってこな

い状態です。

  

 予算委員会の集中審議は、総理・財務大臣及び要求大臣の出

席となりますが、片山議員質問中、財務大臣が一旦離席されまし

た。

  

 その間総理以外に閣僚席に座っている大臣は一人もいない状

況に。

  

 総理一人が厳しい野党の質問に自信なさげに答弁する状況を

私は初めてみましたし、本当に菅総理一人ぽっちを象徴する光景

でした。

  

 劇団ひとりではなく 総理ひとり、あるいは内閣ひとりというべき

でしょうか。

|

« 政府もメルト・ダウン | トップページ | 伊方原発 視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政府もメルト・ダウン | トップページ | 伊方原発 視察 »