« 久しぶりの上京 | トップページ | 民主党代表選の行く末は. »

2011年8月19日 (金)

終盤国会

 

 本日(8月19日)、前日のこども手当ビラ騒動により本会議は開

かれませんでした。

 

 ・公債特例法案

 ・こども手当法案

 ・再生可能エネルギー法案

 ・放射性廃棄物処理法案

 ・私学助成カサ上げ法案

 ・アスベスト救済法案

 ・原発事故調査委員会法案

 ・合併特例債延長法案

 ・トラック・バス助成法案

 ・地域改革法案

 ・被災地特別交付金法案  等々

 

 今国会中に成立させる予定の法案が参議院側にまだ多く残って

います。

 

 来週一週間でこれらをすべて成立させることは極めて困難な状

態にありますが、全力をあげて日程調整をしていかなければと思

っています。

 

 ただし、菅総理の辞任条件となっている公債特例法案と再生エ

ネルギー法案については、何としても26日迄には成立させて欲し

いとの民主党側の要請がありますが、菅総理の勝手な条件をクリ

アーするために審議時間を短縮する訳にはいきません。

 

 特に再生可能エネルギー法案は、「木を見て森を見ず」という嫌

いもあるが故に、しっかりとした審議をしなければならないと思って

います。

 

 まだまだ流動的な終盤国会の運営が続きます。

 

 さて民主党は、多くの方が代表選立候補に向けての動きを活発

化しています。

 

 誰が代表になっても、今の民主党政権の問題点は解決できず、

さらなる混乱が予想されるところです。

 

 中には自民党との大連立を今声高に叫んでいる候補者もいるよ

うですが、笑止千万。

 

 我々自民党は、民主党の代表選に翻弄されることなく、2年間の

民主党政権の問題点を今一度検証し、政権交代を真摯に求めて

いくことが極めて重要であると認識しています。

 

|

« 久しぶりの上京 | トップページ | 民主党代表選の行く末は. »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりの上京 | トップページ | 民主党代表選の行く末は. »