« これまでの自民党の震災対策(H23・8・26) | トップページ | 国会閉幕 »

2011年8月30日 (火)

安倍元総理来県

  

 8月29日(月)、安倍晋三元総理が松山入りをされ、神道政治連

盟主催の講演会で将来の日本のあるべき姿について熱弁をふる

われました。

  

 民主党では野田総理が本日誕生しましたが、民主党政権の稚

拙さや混乱に変わりがあろうはずがありません。

  

 私達は今一度日本の進むべき道について 国民の皆様と共に

真摯に語り合い、民主党政権打倒の為に頑張らなければなりませ

ん。

  

 安倍元総理は、震災対応に加え、外交・防衛問題・教育問題・拉

致問題・デフレ脱却問題等々、現政権の不条理と今後のあるべき

姿について 自論を見事に展開され、聴衆の皆さんの注目を一身

に浴びられていました。

  

 その後 愛媛県議団との懇談会にも出席されましたが、「安倍元

総理の再登板めざしてガンバロー」の三唱に象徴されるが如く、そ

の期待の大きさを改めて感じさせられました。

  

 今一番求められていることは、本格的な保守理念に基づいた安

定感のある政治であると確信するところです。

  

|

« これまでの自民党の震災対策(H23・8・26) | トップページ | 国会閉幕 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これまでの自民党の震災対策(H23・8・26) | トップページ | 国会閉幕 »