« さぬき・直島一日観光② | トップページ | 参議院予算委員会始まる »

2011年9月28日 (水)

さぬき・直島一日観光③

                         ↓ 地中美術館にて

Photo_4  それにしても多くの外国

人を含む若者観光客がこの

地を訪れており、何と我々

は地中美術館の入口まで

くも、待ち時間が長く入

することができない状態でし

typhoon。    

   

 この美術館には、クロード・モネやジェームズ・タレル、ウォルタ

ー・デ・マリアの作品が恒久展示されているとのこと、ただし入場

料は1人2,000円也。

  

 少し高すぎやしませんかsweat02と、入場できなかったが故、少々愚

出たところです。

  

 尚、このベネッセアートサイトは、各所を結ぶ無料シャトルバスbus

が運行されており、その点は評価良ですが、健康のため夫婦で互

いに文句を言いながらも自然を満喫しながら歩いて移動しました。

  

 その後、宮浦港に戻り、海の駅なおしまで お土産を買い込み高

速艇で高松港へ向かいました。

  

 しかし、今回の旅のもう一つの目的は達成していません。

 あの讃岐うどんsign03

  

 ガイドブックで、「並んでも食べたいうどん店10」の中で唯一夕刻

も営業している池上製麺所をめざしましたrun

  

 殆どの有名うどん店は昼食時のみの営業でしたが、それもその

はず、夕食のメニューがうどんとはあの讃岐地方でもあまりないこ

とでしょう。

  

 この池上製麺所は、あの看板女将「ルミばあちゃん」が営むセル

フうどん店であり、テレビでも多数紹介されている人気店です。

  

Photo_2  小麦の香りが口いっぱい

に広がる味が特長の卵入

り釜あげうどん「かまたま」

をおいしくいただき、ルミば

あちゃんと記念撮影cameraをし、

商売上手のばあちゃんの

口車に乗りみやげ用うどん

も購入して帰路につきました。  ↑ ルミばあちゃんと記念撮影shine

  

 ところで直島の「島がまるごとアート」によるコンセプトで売り出す

観光戦略と、「ルミばあちゃん」のマスコミを最大限利用した さぬ

きうどん売り込み作戦には共通のモチーフがあるように思います。

  

 我が愛媛県、そして今治市にも多数の観光資源を有する島々が

多数ありますが、その発展振興方策を考える上で、この地域の戦

略は大変参考になるものと認識したところです。

  

 本日の思いつき観光は、私にとって大変有意義な一日となりまし

happy01

  

 もちろん普段地元に置いてけぼりの家内にとっても・・・note

|

« さぬき・直島一日観光② | トップページ | 参議院予算委員会始まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さぬき・直島一日観光② | トップページ | 参議院予算委員会始まる »