« 愛媛県市長会秋季会議 懇親会 | トップページ | 園遊会 »

2011年10月12日 (水)

双十国慶節に参加して

  

 10月8日から10日の3日間、台湾で催された双十国慶節に多

数の議員共々出席してきました。

  

 その間多くの要人と会談しましたが、大変貴重な意見交換をす

ることができました。一つ気になる点は、日本の外交力低下を心

配する声が予想通り、いや予想以上に多かったことです。

  

 この2年間の民主党政権の航図なき外交の混迷は本当に罪深

いことだと思います。

  

 私達日本人は自国の安全を守り、領土を守り、国民を守るため

に国が果たすべき役割を真正面から議論し、しっかりとした国家

観を有することができるような教育をめざさなければならないと痛

感したところです。

  

 それにしても台湾の皆さんの日本に対する好感度は正式な国交

がないにもかかわらず、大変良好であり、200億円になんなんと

する東日本大震災の被災者の方々への義援金はその証明の一

つであろうと思います。

  

 我々と別行動で訪台した麻生元総理を団長とする自民党青年局

の皆さんは、生徒一人一人が自らの小遣いを集め、学校関係者

共々多額の義援金を送ってくれた台中のある学校をお訪れ 心か

ら感謝の意を表されたとのことでした。

  

 その時の子ども達の熱烈歓迎ぶりにすべての議員が涙を流した

とのエピソードを麻生団長が語られていました。

  

 今後共両国関係をさらに親密なものとするため、若い世代間の

交流も大変重要であることを再認識したところです。

  

 私も旧知の皆さんとの交流を重ねることができ大変嬉しく思いま

した。

  

 来年は総統選挙と立法院選挙のダブル選挙が1月に行われま

す。

  

 これから台湾は非常に熱い選挙シーズンを迎えることになるでし

ょう。

  

|

« 愛媛県市長会秋季会議 懇親会 | トップページ | 園遊会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛媛県市長会秋季会議 懇親会 | トップページ | 園遊会 »