« 愛媛県腎臓病患者連絡協議会 第39回定期総会 | トップページ | ブータン国王 訪日 »

2011年11月14日 (月)

APEC 日米首脳会議

 APEC首脳会議も終わり、今夜野田総理は帰国する予定とのことです。

 12日午後12時過ぎ(現地時間)から日米首脳会議が行われ、オバマ大統領と野田総理が日米間の諸問題について意見交換したとの外務省の報告がなされました。

 もちろん TPP協定参加問題も主要テーマの一つです。

 アメリカ政府によると、

「全ての物品・サービスを交渉テーマにし、高いレベルでの経済連携をめざすことを野田総理は述べた」と発表しています。

 一方 日本政府は

「そのように発言した事実はない」と反論しています。

 先程開催された自民党外交部会においてこの案件が議題となりましたが、官僚からの説明は一貫性がなく全く ちぐはぐ  でした。

 ただし、この件に関しアメリカ政府に対しては抗議はしないと明言していました。

 抗議をしないということは相手の主張を認めたことになることは明白です。

 早くもTPP協定に関連し日米間のつばぜり合いが始まったようですが、日本側の外交交渉能力に不安を禁じえません。

 それもこれも、野田総理の「交渉参加に向け、関係国との協議に入る」という二枚舌の如き 優柔不断な発言にすべて起因するのではないでしょうか。

 「参加するのか、しないのか」はっきりと発言せず、そのことが国民に対する説明責任を果たすことなく不安感を増幅することになっています。

 そしてこのことは国内問題だけに留まらず、外交交渉においても、立ち位置の定まらない日本外交への不信感となっていくのでしょう。

 明日から参議院側で予算委員会が始まり、TPPに関する様々な論戦が行われる予定ですが、鳩山・菅両氏に続き、野田総理の外交力に大きな疑問符がつくことは間違いありません。

 民主党政権における日本の外交の行く末が案じられます。

(参考)ちぐはぐの語源

    ちぐ 鎮具=金づち

    はぐ 破具=釘抜き

(追)石原東京都知事の発言を紹介しておきます。

「今の総理、なんていったっけ?前田じゃねぇ、野田か。あれも相当しっかりして対応したほうがいい」

「日本はTPPに関しどういう情報をもち、どこまで相手の手の内を読んでいるのか」

「こっちはカードを全部開いて、向こうは伏せて勝負しているようなもの。そういう状況の中での交渉はとっても危ない。

今の政府はどれだけ認識しているのか。」

|

« 愛媛県腎臓病患者連絡協議会 第39回定期総会 | トップページ | ブータン国王 訪日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛媛県腎臓病患者連絡協議会 第39回定期総会 | トップページ | ブータン国王 訪日 »