« 予算委員会質疑続く | トップページ | 愛媛県腎臓病患者連絡協議会 第39回定期総会 »

2011年11月11日 (金)

決算委員会審議スタート

 昨日午後1時より私が委員長に就任して初めての決算委員会が開会されました。

 西岡武夫議長へ哀悼の意を込めて黙祷を捧げた後、私から決算委員会の重要性を踏まえた上で 円滑な委員会運営を心がけたい旨 就任のご挨拶を申し上げました。

 その後、自民党の空席となった理事2名を中川・小泉両君に指名し、短時間の初回決算委員会を閉じたところです。

 現在 平成21年度決算は部門別審査、準総括審査は終わっており、11月後半には平成22年度決算が国会へ提出される予定です。

 参議院においては、決算審査に重点をおき、次年度予算編成の参考にすべきとの観点から早期審査を求めています。

 しかしながら、折角決算の提出及び審査を早めても、衆議院から予備費の審査結果が送られてこない状態である故、テレビ入りの決算委員会総括審議がまだ行われないのです。次年度の決算がもうまもなく国会へ提出されようとしているのに・・・。

 早くに平成21年度決算を仕上げて22年度の審査に入りたいと思っていますが、両院の決算審査の考え方の相違により残念ながら遅れてしまっている訳です。

 衆議院決算行政監視委員会に対して早期に予備費の審査をするよう求めているところですが、まだめどが立たない状況です。

 ところで昨日委員会終了後、山形新幹線つばさに乗り込み、新庄の手前 大石田町の町長選応援に亀岡偉民前代議士と一緒に参りました。

 私が応援する大山候補者と我々二人は早稲田大学時代の同級生。

 朝夕冷え込みの厳しい大石田町で街頭演説に熱を込め、本日午後帰京しました。

 彼の当選を願っています。

 それにしても、東京から約3時間20分余りの大石田町。最上川流れる山あいのちいさな町でしたが、恐らくこの町にもTPPの大きな嵐が吹き荒れることでしょう。

|

« 予算委員会質疑続く | トップページ | 愛媛県腎臓病患者連絡協議会 第39回定期総会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予算委員会質疑続く | トップページ | 愛媛県腎臓病患者連絡協議会 第39回定期総会 »