« 自民党松山支連 校区代表者会議 | トップページ | アジアをめぐる各国のせめぎ合い »

2011年11月30日 (水)

「焼き豚玉子飯」・「バリィさん」の如く

 本日(11月30日)午前8時から 党本部において 全議員・選挙区支部長懇談会が開催され、党執行部に対して厳しい意見が開陳されました。

 特に前回選挙で落選した支部長の皆さんからは、民主党へもさることながら、自民党へ対する有権者の厳しい声を代弁するかの如く、自民党の政治姿勢に関しての要求が多く出されたところです。

「民主党に対しての期待感はもはや全くない状況であるが、自民党に対しての信頼感も戻ってはいない」

「解散・総選挙に追い込むと言っているが、党利党略のためとしか受けとめてもらえない。」

「政府に協力すると言うのも良いけれど、全く信用できない政権に協力することはありえない。」

「徹底的に政策の違いをアピールし、政権交代の必要性を語るべきだ」

 代表的な意見でした。

 そんな中、地元今治市の支持者の方からメールが届いていました。

 現在今治市の基幹産業である海運・造船が円高不況により、タオル縫製関係がデフレ不況により、大変低迷しています。

 しかし、先般姫路で開催されたB1グランプリにおいて今治の名物「焼き豚玉子飯」が5位にランクされ、埼玉で開催されたゆるキャラグランプリでは、第一印刷という一企業から生まれた「バリィさん」が準グランプリに輝きました。

 大変嬉しく、心強い限りです。

 メールの送り主は、「この勢いを背に受けて、民主党を一刻も早く追い込み解散・総選挙をめざして、山本も今まで以上に攻撃して欲しい」との趣旨を語っておられました。

 その声を胸に秘めながら、この日本が沈没してしまわないように、日本の復活を果たすことができるように、全力を傾注していく覚悟です。

|

« 自民党松山支連 校区代表者会議 | トップページ | アジアをめぐる各国のせめぎ合い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党松山支連 校区代表者会議 | トップページ | アジアをめぐる各国のせめぎ合い »