« 決算委員長として国会中継に | トップページ | 大臣の覚悟 »

2011年12月 7日 (水)

H21年度決算委員会、決算否認される

Img_1321_2  本日(12月7日)午後1時から5時半まで決算委員会締めくくり総括質疑が全大臣・NHKTV入りで行われました。

 委員長の私にとっては 法案名の読み上げだけでも長くて大変でしたし、警告決議朗読も長く、加えて前日の清風会(参議院町村派)での飲み過ぎも手伝ってか、声が枯れそうになる程でした。

 しかし、予算委員会とは若干様子が異なり、紳士淑女然とした質問が多かったせいか、あまり混乱もなく、ヤジも程々で、円滑な委員会運営を果すことができました。

(本当はもう少し荒れた委員会となり、与野党理事が委員長席へ詰め寄るシーンがあった方が臨場感はあったのですが・・・)

Img_1307  明後日には本会議において委員長報告をした後、採決がされる予定ですが、決算本体は否認されることになります。

 今回審議した平成21年度決算は丁度9月に政権交代した時のものです。

 リーマンショック後麻生内閣が緊急の景気対策として大規模な補正予算を組み、その執行による景気の持ち直しが図られていた矢先でした。

 しかるに鳩山内閣があまり適切な根拠もなく 3兆円もの予算を国会の議決に反して単なる閣議決定だけで執行停止にしてしまったことを私達は問題にしています。

 まさに 議会制民主主義への冒涜といっても過言ではありません。

Img_1320  これが 決算が否認される理由ですが、私もこの件については委員長質問の冒頭 言及しておきました。

 本来なら厳しく追及するところですが、中立・公正をめざす委員長としての職責に鑑み、指摘だけにとどめたところです。

 さて、次国会においては、平成22年度決算も既に国会へ送られているところですので、早速その審議に入っていくべく 対応する予定です。

|

« 決算委員長として国会中継に | トップページ | 大臣の覚悟 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 決算委員長として国会中継に | トップページ | 大臣の覚悟 »