« 第51回今治少年少女合唱団定期演奏会 | トップページ | 今治市管工事業協同組合 忘年会 »

2011年12月19日 (月)

バルセロナの哲学

 昨日の日曜日は夕刻からテレビの前に陣取って サッカー・トヨタ・クラブワールドカップの3位決定戦と決勝戦に釘づけとなりました。

 アジアチャンピョンのアルサド(カタール)に対し 柏レイソルズが互角以上に戦ったことに大きな拍手を送りたいと思います。

 決勝戦のバルセロナ(スペイン)とサントス(ブラジル)の試合は まさに夢の対戦であり、バルセロナのメッシ・シャビ、サントスのネイマール・ガンソらのプレーに注目していました。

 さすがメッシ、コート内を縦横無尽に走り、正確なパス回しをし、そして神業の如きゴールを2発決めて、バルセロナを世界一に導きました。

 さらにシャビもゴールを決め、サントスの天才ネイマールをほぼ完璧に封じ込めたバルセロナの憎らしい程の強さに全く脱帽といったところでしょうか。

 芸術の如きバルセロナの総合力はクラブ史上最強であることを証明しました。

 ところで本日の新聞各紙の解説に出ていましたが、このバルセロナの強さの理由は個人の技術レベルの高さだけではなさそうです。

 シャビの話によると、「才能ある選手が何をすべきか分かっている。ボール・仲間の位置・状況を見る。”パスの前に考える”がバルセロナの哲学の一つ」とのこと。

 試合の中で、スペースの作り方、攻撃に移るタイミング、3手・4手先の攻撃イメージを全員で共有できるからこそ、盤石のチーム力を誇ることができるのだと改めて感心させられました。

 社会の中での組織力を考える時、このバルセロナの哲学を理解せずして語ることはできないでしょう。

 政治の世界でも同じことが言えます。我が自民党の再生をめざす上でも全員が共通の目標を共有し、長期的戦略を描きながら、日本の復活のために一人一人が全力を傾注することにつきると確信します。

 もちろん、この哲学を一番に実践しなければならないのは今の政府である野田政権であることは論を待ちません。

 今、この文章を書いている最中、北朝鮮の金正日総書記が死去したというニュース速報が飛び込んできました。

 今後の北朝鮮の動向を緊張感を持って注目していかなければなりません。

|

« 第51回今治少年少女合唱団定期演奏会 | トップページ | 今治市管工事業協同組合 忘年会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第51回今治少年少女合唱団定期演奏会 | トップページ | 今治市管工事業協同組合 忘年会 »