« ブータン国王を懐しむ | トップページ | 阿南・橘湾両発電所視察② »

2011年12月22日 (木)

阿南・橘湾両発電所視察①

 12月20日・21日と一泊二日で徳島県を訪問しました。

 その目的は主に阿南市にある四国電力阿南発電所及び橘湾発電所の視察です。

 菅政権末期、突然のストレステストの実施や脱原発方針により全国の原発は次々と停止しています。原発に電力供給量の4割以上を依存している関西電力・九州電力では節電目標値を明示して、この冬の電力安定供給をめざそうとしていますが、大変不安視され、住民の生活や企業の経済活動に影響を及ぼすことが懸念されているところです。              ↓ 四電から説明を受ける

1p1170035  我が四国においても、伊方原子力発電所にある3基の原発のうち2基が定期検査後の再稼働をする目途が立たず、来年1月中旬には残り一基も定期検査に入りすべての原発がストップすることになります。

 四国の電力の約4割を原発に依存する当地域においても、その影響は多大であり、節電や他社への電力融通の調整、また自家発電をしている企業からの電力購入等で凌ごうとしています。

 加えて、老朽化により昨年3月から停止していた阿南火力発電所2号機を整備・補修した上で再稼働することになりほぼ体制が整ったところです。

 しかしながら、その火力発電で万が一運転に支障が出た際、電力の安定供給の信頼が損なわれかねません。  ↓四電側と意見交換

1p1170037  そこで、再稼働予定の阿南2号機を含め、阿南及び橘湾発電所の現況を自らの目で確かめておきたいとの思いで現地視察に赴いた訳です。

 午前9時過ぎに今治を出発し、途中B級グルメで少しおなじみの生卵入りこってり味の徳島ラーメンを食し、午後1時過ぎに発電所に到着しました。

 阿南火力発電事業所の真鍋所長はじめ幹部の皆さんから説明を伺い、意見交換をさせていただきました。

|

« ブータン国王を懐しむ | トップページ | 阿南・橘湾両発電所視察② »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブータン国王を懐しむ | トップページ | 阿南・橘湾両発電所視察② »