« 今治市民のまつり振興会定時総会 | トップページ | 北陸一周(10時間の旅) »

2012年6月 6日 (水)

やれやれ ―久々の本会議―

 本日(6月6日) 午前10時から 約一ケ月半ぶりに本会議が開催されました。

 議案は 参議院予算委員長の辞任 及び 選任の件です。

 本来 国会議員は 国会開会中の海外渡航に関しては 議長の許可を得なければならず、長期間に及ぶ場合は 本会議において 承認を 得なければなりません。

 今回 問題になった 石井予算委員長のフィリピン訪問に際しては、本来原則として海外渡航を許されていない委員長が、申請以上の長期間の滞在をしており、まさに参議院に対して 虚偽の報告をしていたと言っても過言ではありません。

 石井委員長の 予算委員長辞任は当然のことでありますが、この決定に何と一ヶ月以上も日数を要する 民主党のいつもの体たらくには ホトホト あきれてしまいます。

 また その交代要員が 「大臣は二つの言葉さえ覚えておけばよい」 との あの発言により 辞任に追い込まれた 元法務大臣とくれば、いかに民主党が人材不足の党であるかを如実に物語っているとしか 言いようがありません。

 さらに 羽田参議院民主党国対委員長が 国交大臣に就任された後の 国対委員長が 未定のまま、本会議が開かれましたが、これまた前代未聞の出来事です。

 久々に 脇国対委員長から 民主党新国対委員長に対して 厳しいお叱りの声が自民党国対委員長室に鳴り響きましたが、これまた当然のことです。

 一方、ようやく 問責二閣僚の交代を含む内閣改造により、会期内に社会保障・税一体改革に関する法律の採決を固い決意をもってめざそうという 野田総理に対して、その補佐役たる輿石幹事長が 全く逆の対応をしている状況の中、自民党との協議が進展するはずもありません。

 民主党に政権与党たる自覚もなければ、政府の覚悟も うどん屋の釜、すなわち言う(湯)だけの 憐れな状況です。

 今まで 何度 政権担当能力が民主党にないと 言ってきたでしょう。

 もうそろそろ限界に来ているのではないでしょうか。

 ただ、森本防衛大臣の就任については、民間人の防衛大臣就任に問題ありとの声も聞こえてきますが、私自身は 当面一安心 と評価しているところです。

|

« 今治市民のまつり振興会定時総会 | トップページ | 北陸一周(10時間の旅) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今治市民のまつり振興会定時総会 | トップページ | 北陸一周(10時間の旅) »