« 愛媛県建設労働組合 懇親会 | トップページ | 国会延長 9月8日まで »

2012年6月19日 (火)

森本 敏 新防衛大臣 登場

 本日(6月19日) 午前10時から 参議院外交防衛委員会が開会され、久しぶりに各委員からの質疑が展開されました。

 田中前大臣の問責決議が可決されて以降 当委員会の審議がストップしていましたが、それ以前も まともな質疑応答ができない状態が長らく続いていました。

 数多くのマスメディアのカメラが集中する中、厳しい質問に対する前大臣のあたふたとした答弁、大臣の後方で答弁用のペーパーを差し入れたり 耳打ちするせわしない数名の官僚、トンチンカンな答弁に対する激しい叱責の声・・・・。本当に落ち着かない異様な委員会風景でした。

 さて、本日は森本新大臣の所信を問う委員会でしたが、前大臣の時とは違い 大変落ち着いた委員会となりました。

 森本大臣の防衛に対する見識の高さは言うまでもありません。

 若干長めの答弁は 大臣というより 学者・評論家的であり、今後委員から「もっと短く、簡潔に!」との要請もあるでしょうが、大変安定感のある答弁でした。

 自民党側の委員には、佐藤・宇都という元自衛官のメンバーがいますが、先輩の元自衛官である 森本大臣を野党として 攻めることは なかなか難しそうです。

 それでも 尊敬の念を抱きながらも、学者としてではなく、国の防衛を担当する大臣としての対応に 理解不足がある点については、各々 内容ある論戦が期待されるところです。

 信頼の失墜してしまった防衛省の立て直し、一部の外国諸国から足もとを見られてしまった日本の国防政策の再構築のために、森本大臣の今後のご活躍を祈念するところです。

※トンチンカン 頓珍漢

 とんちんかんは、鍛冶などで 師が鉄を打つ間に 弟子が槌を入れるため、ずれて響く音の「トンチンカン」を模した擬音語。

 音が揃わないことから、ちぐはぐなことを意味するようになった。

 漢字は単なる当て字である。

|

« 愛媛県建設労働組合 懇親会 | トップページ | 国会延長 9月8日まで »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛媛県建設労働組合 懇親会 | トップページ | 国会延長 9月8日まで »