« 愛媛県歯科医師会 受賞者祝賀会 | トップページ | 愛媛県肢体不自由児・者父母の会連合会 設立50周年記念式典 »

2012年6月28日 (木)

この国の行方

 民主党内の混乱が続いています。

 公党間において 社会保障・税一体改革の三党合意がなされているにも拘わらず、何と70人以上の民主党議員が造反し、その中には 7人の委員長と 6人の筆頭理事が含まれている事態となりました。

 これでは 公党間の約束事が全く無意味なこととなり、与野党協議それ自体が成り立たないことは言うまでもありません。

 社会の常識・組織のあり方についての基本的認識もなく、政党人としての自覚もない議員の方々に 唯々あきれるばかりです。

 民主党内での反対にもめげず、政治生命をかけて 消費税増税法案を衆議院で通過させた 野田総理を評価する声も一部聞こえてきます。しかし本当にそうでしょうか。

 対外的には 正論をぶちながらも、自分の党内を まとめ切れず、また終始 党内融和のみを考えて何も決断できない輿石幹事長に 相変わらず信頼をおいているという野田総理に、人心掌握術があるとは思えません。過去に問責を受け辞任した閣僚人事にみられるように、野田総理の人事管理も地に落ちているのではないでしょうか。

 このままでは 三党合意が破棄されたと判断しても 致し方ありません。野田総理の責任は重く、党内に向けてだけではなく、自公両党に対しても 納得のいく けじめが必要であることは言うまでもないことです。

 いずれ 参議院において 特別委員会での審議がスタートすることになりますが、このような状態では 野党の「チャブ台返し」にすらつながりかねない状況になってきました。

 小沢元代表の暴走も止まりません。

 もはや解散・総選挙以外に この国を救う道はなさそうです。

|

« 愛媛県歯科医師会 受賞者祝賀会 | トップページ | 愛媛県肢体不自由児・者父母の会連合会 設立50周年記念式典 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛媛県歯科医師会 受賞者祝賀会 | トップページ | 愛媛県肢体不自由児・者父母の会連合会 設立50周年記念式典 »