« 野田総理、ご用心を! | トップページ | 今治タオル、被災地へ »

2012年7月19日 (木)

南米諸国とアフリカと…

 久々に二日連続の外交日程です。

 昨夜は 参議院議長公邸において、中南米の駐日大使の皆さんと 外交防衛委員会のメンバーとの懇談会が開かれました。

 私のテーブルには ペルー ・ コスタリカ ・ ベネズエラ ・ パラグアイの大使と尾辻副議長が着席し、約2時間 意見交換をすることができました。

 実はベネズエラの石川大使は日本語ペラペラの日本人であり、私が国土交通大臣政務官の時、政務官室まで訪問していただくなど 旧知の仲です。

 久しぶりの再会に会話がはずみ、又の再会を約束しました。

 何とパラグアイの大使も日本人。

 パラグアイに移住して 次々と大会社を設立し成功した苦労人のようでしたが、席順の関係上 十分お話しすることができませんでした。

 そこで 副議長の提案により 後日改めて 同じテーブルのメンバーが 副議長公邸に集まり 親交を温めることになりました。

 私の両隣は ペルーとコスタリカの大使でしたが、特にコスタリカの大使とはコスタリカのエコツアーやエコ教育、そしてコスタリカ方式という我が国の選挙制度との関係などについて 熱心な意見交換をすることができました。

 以前は しばしば 参議院議長公邸の晩餐会に出席していましたが、野党になってからは久しぶりの参加となった次第です。

 本日はホテルオークラにおいて開催されたジンバブエ共和国のモーガン・チャンギライ首相歓迎昼食会に出席しました。

 主催は 以前 国対委員長をされていた前参議院議員が会長の アフリカ開発協会。 

 ジンバブエは この十年間 内乱などにより 世界の中で孤立していた アフリカ南部の国ですが、今 漸く その混乱を乗り越え 諸外国との連携を模索し始めたところです。

 チャンギライ首相ご自身も 何度も襲われ 頭蓋骨骨折などの負傷も負った闘士であり、現ムガベ大統領と大統領選を争った経験もあります。2009年包括的政府を樹立した際 首相に就任したとのことでした。

 石油以外の鉱物資源に恵まれた国であり、識字率がアフリカでは大変高い国であるジンバブエが国際社会に復帰し、今後発展をめざす手助けを 我が国も積極的に推進していくべきと思っています。

 来年はTICAD Ⅴ(東京アフリカ開発会議)が横浜で開かれますが、アフリカ諸国との ウィン・ウィンの関係をさらに強化する必要があります。

|

« 野田総理、ご用心を! | トップページ | 今治タオル、被災地へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野田総理、ご用心を! | トップページ | 今治タオル、被災地へ »