« 公益社団法人全国病院理学療法協会愛媛県支部 創立60周年記念祝典 | トップページ | 四国矯正展 松山刑務所 視察 »

2012年11月 7日 (水)

田中 真紀子 文科大臣の暴走

 今、衆議院 文部科学委員会において、下村・馳 両議員(自民)から、秋田公立美術大など 3大学を突然不認可とした 田中文科大臣への厳しい質問が続いています。

 田中大臣の「新たな審査基準を策定し、大学設置認可の在り方を抜本的に見直す」という言やよし。

 ところが、大臣の思いつきによる 新たな検討会議を、いつ どのようなメンバーで 立ち上げるかも決まっておらず、経営面の安定性や学生確保の見通し・地域ニーズなどをより厳格に審査する新基準の内容も まだ全く明らかにされていない現状です。

 そのような状況の中、大学設置・学校法人審議会の答申に反して 新設を認めないと記者会見で明言された 田中大臣の周辺では、「3大学に不認可の通知はまだ発送しておらず、今も効力がある」と迷走しはじめました。

 一大臣の暴走により 大混乱する文科省官僚諸氏、大反発する関係自治体及び 大学関係者、悲嘆にくれる学生の皆さん。

 法律を守る意志のない民主党、裁量権の乱用による政治主導を認める民主党の方針と合致する 大臣の動きです。

 田中大臣の委員会での答弁は、質問者の問いかけに真正面から答えるものではなく、自らが今回の決定の反響の大きさに右往左往しているが如き様相です。

 早目に 軌道修正された方がよろしいのではないでしょうか。

 田中大臣…田中直紀大臣・田中慶秋大臣・田中真紀子大臣

 何といったら良いのでしょうか。田中大臣へのコメントがなかなか見つかりません。

 ところで、民主党の皆さんは、選挙をすることを極端に嫌がって逃げてばかりです。

 加えて 衆議院においては、代表質問の後 予算委員会を開いて、国民の皆さんの前で 懸案事項についての議論をすることが慣例ですが、予算委員会を開催して 野党に攻められることからも 逃げの一手の現状です。

 何とも情けない 政権政党であることか。

 政治家の矜持すら感じることもできません。

|

« 公益社団法人全国病院理学療法協会愛媛県支部 創立60周年記念祝典 | トップページ | 四国矯正展 松山刑務所 視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公益社団法人全国病院理学療法協会愛媛県支部 創立60周年記念祝典 | トップページ | 四国矯正展 松山刑務所 視察 »