« 「ダライ・ラマ法王14世をお迎えして」 | トップページ | 今治市社会福祉大会 »

2012年11月15日 (木)

いよいよ 解散・総選挙

 昨日の党首討論において 野田総理が16日に解散すると 明言されました。

 その場で 解散の条件として 議員定数削減法案の成立を 逆提案されましたが、この定数問題は 少数政党を含む 全政党で 本来は協議する案件です。

 我々も 定数削減を公約として掲げているのですから その方針には 何ら 異議をはさむものではありません。

 ただし、その内容について、民主党の考え方である 比例代表の一部連用制については、一票の格差を助長するものであり、憲法に抵触するという考え方もあります。

 この問題については 次期 通常国会で 十分な審議を重ね、確実にその成果を出すことには 賛同しますが、解散の条件として パフォーマンスの如き演説をする野田総理に対しては、一部マスコミ報道の反応とは違い、私は大変失望する次第です。

 いずれにしても 明日16日に衆議院は解散されます。

 いよいよ選挙です。

 過去3年間の民主党政権の総括をし、失いつつある日本のステータスを取り戻すため、今後の国のかたちの在り方について 選挙戦を通して 我が党の考え方を 発信していかなければならないと思っています。

 内憂外患を抱える国難の時、全力で戦う覚悟です。

|

« 「ダライ・ラマ法王14世をお迎えして」 | トップページ | 今治市社会福祉大会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ダライ・ラマ法王14世をお迎えして」 | トップページ | 今治市社会福祉大会 »