« 2013ジャパンノルディック・プレミアリーグ 開会式 | トップページ | ロシアとの北方領土問題の行末 »

2013年4月15日 (月)

B787

昨夜は 地元の伊予市長選・同市議選・久万高原町議選・愛南町議選の投開票が行われました。

 このところ 地元に帰る度に、各地の選挙激励に駆けまわっており、昨日も 八幡浜市長選の応援演説や伊方町議選の激励訪問をこなしました。

 選挙の当落は 本当に水もの。

 当選された方々の今後の活躍と 落選された方々のこれからの奮起を祈るのみです。

 さて 本日(4月15日)も、いつものように 午後の便で上京しましたが、松山空港、羽田空港で このところ気になる光景に心を痛めています。

 松山空港の片隅に追いやられた哀愁漂うB787  1機

 羽田空港の辺鄙な駐機場に 儚く集められた 数機のB787

 夢の飛行機、ドリームライナーとして華々しくデビューし、私自身も搭乗するのを楽しみにしていた飛行機です。 

 特に、愛媛の東レ工場で製造された炭素繊維を 機体の材料として使用し、軽量化・省エネ化を図った画期的なものだった故に、重大インシデント(バッテリー不具合)により その飛行を禁止されている姿が悲しくてなりません。

 まさに翼のない鳥ではなく、翼があれども飛べない鳥のようです。

 一刻も早く バッテリー不具合の原因を究明し、安全で夢を運ぶ飛行機として復活してもらいたいものです。

|

« 2013ジャパンノルディック・プレミアリーグ 開会式 | トップページ | ロシアとの北方領土問題の行末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013ジャパンノルディック・プレミアリーグ 開会式 | トップページ | ロシアとの北方領土問題の行末 »