« 国会閉会近し、参院選も | トップページ | 戦いすんで… »

2013年6月27日 (木)

何という野党の無責任!

 本日(6月26日) 第183国会が閉幕しました。

 若干遅ればせながら成立した 本年度予算に続き、国会終盤を迎え、参議院において順調に法案が成立しました。

 本日 重要法案である 電気事業法案など 4本の法案を仕上げて 会期末を迎える予定でしたが、訳のわからぬ理由をつけて 少数 3野党が提出した総理問責決議案に 野党第 1党の民主党が 何の主導権を発揮することなく乗っかり、この決議案が可決されてしまいました。

 少数与党の悲哀を痛感することは今回で何度目でしょうか。

 この結果、与野党で合意していた 4法案は廃案となってしまい、さらに閉会手続(期末処理)も あの無責任だった 江田議長の時に続き、平田議長のもとでも 無視されてしまいました。

 次回 国会がスタートするまでの間、閉会中審査を開催することもできず、国民から出された請願の処理もされずじまいでの閉会です。

 何という無責任極まりない野党の対応でしょうか。あきれて物も言えません。国民の負託に答えなければならないという 国会議員の責任放棄であり、国民生活への影響を全く考えない野党の暴挙というべき事態です。

 この上は、 7月21日に行われる第23回参議院選挙における必勝とねじれ解消により、安定した政権を構築しなければならないと 強く思うところです。

 さあ、明日からは 地元での選挙応援に全力を傾注すると共に、全国の仲間の応援にも精力的に出向いていこうと思っています。

 いざ、出陣!

|

« 国会閉会近し、参院選も | トップページ | 戦いすんで… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国会閉会近し、参院選も | トップページ | 戦いすんで… »