« ロシア モスクワへ ③ | トップページ | まだまだ続く外交の夏 »

2013年9月10日 (火)

2020年 東京五輪決定!おめでとう

 IOCのロゲ会長が Tokyo と明言したその瞬間を テレビ画面で見た時、涙がほとばしる程の喜びを 家内と共に、いや日本全国で注目していた皆さんと共に、共有することができました。

 2020年 東京オリンピック開催決定おめでとう!

 ロシア・モスクワでの世界陸上に出向き、電通主催のガラパーティーで IOCメンバーへオリンピック・パラリンピックの東京招致運動をしてきた私にとって、格別の喜びでした。

 この招致に深く関わってきたすべての皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 2020年東京オリンピック開催決定が 我が国にとってどのような効果を発揮するのでしょうか。

◎明日を夢みる青少年がスポーツを通じて大いなる希望をもつことができます。

◎そのことが、日本人のすべての分野での前向きな気持ちを誘発することができるでしょう。

◎あの東日本大震災からの復興をめざす人々へ勇気を与え、放射能汚染水対策をはじめ様々な困難から脱却する責任を国が再認識することにもなるでしょう。

◎経済再生・デフレ脱却をめざすアベノミクスの展開にさらなる追い風が吹くことは間違いありません。

◎何よりも 日本人が一つにまとまって戦後復興に取り組んでいた頃の東京オリンピックと同様に、日本及び日本人全体の意識の高揚につながっていくと確信しています。

 本当によかった。

 7年後に向かって、各々が自らの夢をかなえるべく 2020年東京オリンピックを起爆剤にできるよう頑張っていこうではありませんか!

 それにしても、高円宮妃久子さま、安倍総理、アスリートの皆さん、経済界の皆さん そして招致委員会の皆さんを含め、オールジャパンでの取り組みが功を奏した結果なのでしょう。

 さて、私は 8月24日から31日までアフリカ モザンビークを AU議連の一員として訪問しました。

 大変素晴らしく充実した視察をすることができましたが、詳細は後日改めて このブログで報告させていただきます。

|

« ロシア モスクワへ ③ | トップページ | まだまだ続く外交の夏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシア モスクワへ ③ | トップページ | まだまだ続く外交の夏 »