« 今西完敗、残念! | トップページ | 自民党県連 第58回定期大会 »

2014年3月27日 (木)

「白嶺」視察

 昨日(3月26日) 午後 JOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)所属の海洋資源調査船「白嶺」の視察のため、千葉県の 民間埠頭へ出向きました。

Img_0075_3

 海洋国家である日本は、海底に眠る資源に恵まれており、その調査・研究は我が国エネルギー国家戦略にとって喫緊の課題です。

 「白嶺」は、JAMSTECの「ちきゅう」と同様 海洋資源開発の先頭に立つ最新鋭船です。

 「安全性と地球環境に配慮し、サンプリング能力に秀でた海洋資源調査船・白嶺」

 以前「ちきゅう」の視察は何度か経験しましたが、「白嶺」は初めてでした。

 同船は、2種類の大型掘削装置や各種の最新調査機器を搭載し、2年前に就航した 6283トン、全長118.3m 、幅19.0m、定員70名の大型船です。

 日本にとって 資源エネルギー戦略の中心的位置付けとしての海洋開発は最重要課題であり、「白嶺」が求める 海底熱水鉱床・マンガン団塊・コバルトリッチクラスト、さらにはメタンハイドレートやシェールガスなど、夢とロマンが大きく広がってきます。

 とはいっても、近い将来 実際商業化されるかどうかは 若干不明の点もある訳ですが…。

Img_0090

|

« 今西完敗、残念! | トップページ | 自民党県連 第58回定期大会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今西完敗、残念! | トップページ | 自民党県連 第58回定期大会 »