« 安全保障 | トップページ | 愛媛県建築士会 式典 »

2014年5月28日 (水)

中国機 異常接近

 去る5月24日 東シナ海の公海上空において、中国軍の戦闘機(Su-27)が海上自衛隊機(OP-3C)及び 航空自衛隊機(YS-11EB)に異常接近するという事案が発生しました。

 二機の自衛隊機は 通常の警戒監視活動に従事していたものであり、何ら問題のない正当行為であるにも拘わらず、Su-27は 30~50mという異常な接近をしており、偶発的事故の発生につながりかねない常軌を逸した危険行為と認識せざるを得ません。

 それも 自衛隊機は まさに丸裸も同然の状態での監視活動中でしたが、一方Su-27は F15に相当する最新鋭の戦闘機であり、無線による警告等も行わず、空対空ミサイルを積載し、自衛隊を追い抜く形での異常接近だったとのことです。

 日本側はすぐに外交ルートを通じて中国側に厳重抗議をしたところですが、中国国防部HPにおいては「日本軍用機が演習空域に無断で押し入り、危険な行為を行ったことは国際法及び国際慣例の規則に重大に違反するものであり…」という有様です。

 不測の事態を巻き起こしかねない今回のような事案が今後頻発することも考えられますが、防衛省・自衛隊は、我が領土・領海・領空を断固守り抜くため、その警戒監視活動に万全を期すと同時に、不測の事態を回避するために、海上連絡メカニズムの早期運用開始をめざし、中国側へ働きかけを継続しなければなりません。

 現在 安全保障法制整備に関する与党協議を行っているところですが、中国の動向を十分見極めた上での現実的な議論が急がれるところです。

 日本を取り巻く国際情勢、特にアジア情勢は 日々刻々大きく変化しようとしている現状から目を離せません。

 それにしても…。

S20140528090749_00001

|

« 安全保障 | トップページ | 愛媛県建築士会 式典 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安全保障 | トップページ | 愛媛県建築士会 式典 »