« 副大臣就任祝賀会 | トップページ | 松山市中央倫理法人会 忘年会 »

2015年12月11日 (金)

国土交通・復興副大臣として被災地(宮城県)へ

 昨日(12月10日)国土交通・復興副大臣として、先の岩手県に続き宮城県の視察に出向きました。

 復興は順調に進んでいるのか、被災直後に訪問したかの地は今どうなっているのか、そして復興加速化のために何を成すべきなのか。

 様々な思いを込めての視察です。

 気仙沼では 中島海岸防潮堤、南三陸では旧防災対策庁舎、石巻では 悲劇の大川小学校、女川では 復旧したJR女川駅や復興まちづくりなど、BRTの新停留所や国営追悼・祈念公園予定地、北上川下流災害復旧状況、各地の復興へ向けてのまちづくり状況も併せての視察となりました。

 地元被災地の市長さん町長さん、議会関係者や 東北の整備局長・復興局長の皆さんからの説明を受けながら、一日も早い復興へ向けての足取りを早めなければとの思いを新たにしたところです。

 ところで、南三陸の旧防災対策庁舎は町から県へ管理が移管され、今後20年間犠牲者の鎮魂と津波被害の伝承のために取り壊さずに残すことが決定しました。

 あの時、遠藤さんの「逃げて下さい」という命をかけた呼びかけが今も私の耳から離れません。

 また、74名の児童、10名の教職員が被災した大川小学校の慰霊碑の前で祈りを捧げた時、涙が流れることを禁じえませんでした。

 到る所にあの津波の傷痕が残ってはいますが、女川町の如く復興のまちづくりが着々と進み、南三陸町のさんさん商店街(仮設)が元気を取り戻しつつある現況を見るにつけ、今後さらなる復興の加速化が必要であると体感したところです。

Photo
中島海岸の防潮堤工事(気仙沼市)
Photo_2
志津川地区の復興工事(南三陸町)
Brt
BRTで復旧した志津川駅(南三陸町)
Photo_3
南三陸さんさん商店街(南三陸町)
Photo_4
旧防災対策庁舎(南三陸町)
Photo_5
旧防災対策庁舎(南三陸町)
Photo_6
悲劇の大川小学校(石巻市)
Jr
復旧したJR女川駅(女川町)
Jr_2
復旧したJR女川駅(女川町)
Photo_7
日和山公園から国営追悼・祈念公園予定地を臨む(石巻市)

|

« 副大臣就任祝賀会 | トップページ | 松山市中央倫理法人会 忘年会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 副大臣就任祝賀会 | トップページ | 松山市中央倫理法人会 忘年会 »